新着情報







●植物防疫情報、全植検協通報

 

植物防疫情報「NO.46」2022年10月発行(植物防疫所)

 

全植検協通報「141号」2022年10月1日発行(全国植物検疫協会)


●貨物で輸入される植物等に対する検査証明書添付の徹底について

 

栽培の用に供しない植物や生鮮植物ではない一部の植物については、商品として一定の品質管理が行われていること等により、病害虫が付着するおそれが低減されているものと考え、検査証明書の添付なしでも検査が実施されてきましたが、リスク評価の見直しにより、令和5年(2023年)年8月5日以降、一部を除き検査証明書添付が厳格に求められることとなります。植物の輸入を検討されている場合は証明書添付の要否を植物防疫所ホームページ(下記URL)でご確認頂くか、当会へお問い合わせ頂き、必要な場合は輸出者側と調整を進めて頂きますようお願いいたします。なお、証明書が添付されていない貨物は、植物防疫法に基づき廃棄処分となりますので、ご注意ください。

                                               植物防疫所ホームページ:検査証明書の添付が免除される植物、添付が必要な植物    https://www.maff.go.jp/pps/j/introduction/import/ipcfuyou/index.html

 


●輸出先国の規制に係る産地への課題解決支援委託事業

 

当会は一般社団法人全国植物検疫協会が受託実施する農林水産省の「輸出先国の規制に係る産地への課題解決支援委託事業」に北海道相談窓口、植物検疫専門家として協力しており、農産物の輸出支援を無料で行っております。同事業の詳細につきましては、一般社団法人全国植物検疫協会ホームページにてご確認下さい。

一般社団法人全国植物検疫協会(公式ホームページ) (zenshoku-kyo.or.jp)


●事業実績


関連リンク集